ガールズバーとキャバクラの違いって?

ここ数年でガールズバーはどんどん増えてきていますが、ガールズバーとキャバクラの違いは分かりますか?

女の子と話しながら飲めるという点ではキャバクラもガールズバーも同じですが、違う面もある為、キャバクラ感覚でガールズバーを楽しもうとするとお店側から注意をされてしまう事もあります。

そこで今回はキャバクラとガールズバーの違いを分かりやすく表にしてまとめてみました。
 

キャバクラとガールズバーの違い

 

料金

キャバクラとガールズバーは大きく料金が違ってきます。基本的にガールズバーの方がお得に安く飲む事ができます。

ガールズバー キャバクラ
セット料金(一人当たり) 2500~4000円
(40~60分)
3000~10000円
(50~90分)
指名料 基本的に指名できないが指名できるお店では大体1000~1500円程度。 場内指名1000~3000円
本指名2000~2000円
サービス料 (TAX料) 0~15% 25~25%
延長料金 大体40~60分の延長で
2000~4000円
大体30分の延長で
3000~5000円

 

接待

基本的にガールズバーは接待行為をしてはいけません。しかしお店によってグレーになっている部分もあります。

ガールズバー キャバクラ
お酌 ×
特定のお客に酒等の飲食物を提供するのは接待行為になるのでできない。

キャバクラはOK。お客にお酒を注がせる事はありません。
カラオケ
一緒にデュエットや手拍子をしたりするのは接待行為になりますが、どこのガールズバーも一緒に歌う事ができます。グレーゾーンなのかもしれません。

カラオケがない店舗も多いですがVIPルームなどについているお店もあるそうです。
スキンシップ ×
お触り禁止です。女の子からスキンシップをしてくる事もありません。

過度なスキンシップはセクハラになりますが、嫌がられない程度なら触る事ができます。
ゲーム
基本的に法律では禁止とされていますが女の子とダーツを一緒にできるお店はたくさんあります。グレーゾーンです。

キャバクラでゲームをやってる人はあまりみませんが禁止にはされていません。

この様に表にし比較してみるとガールズバーでは何もできない様な気もしますが、キャバクラより料金も安く女の子と会話をする為だけならガールズバーはお得です。

キャバクラではスキンシップもお酌も連絡先の交換もしてくれますが、ガールズバーで働く女の子よりお客をお金という感覚でみていない為、接しやすく純粋に会話を楽しむ事ができます。

キャバクラでは飲ませてなんぼの世界になっているので、お金となると女の子の目の色が変わります。営業LINEで気のある素振りを魅せ、心も財布も空っぽになるかもしれません。

出来る事は限られてきますが、女の子と楽しくお酒を飲むだけであればキャバクラよりもガールズバーの方が現実的で、無駄なお金を消費せずに楽しむ事ができます。

Copyright(c) 2019 恵比寿で夜遊ぶなら・・・ All Rights Reserved.
メニューを閉じる